むろ味

気になる洗顔石鹸をまとめようかな。 - 洗顔石鹸は肌質によってオススメの原料が違う

洗顔石鹸は肌質によってオススメの原料が違う

脂性の人と乾燥肌の人では同じ洗顔石鹸を使っても、肌に合っていない可能性が出てきます。
ですから自分の肌質に合ったものを使うことが大事になるのですが、どういったものを選べばいいのかという問題が出てきます。

乾燥肌の人はオレイン酸が多い石鹸

乾燥肌の人にとっては、必要以上に皮脂を洗い落としてしまうことは避けたいでしょう。
自分からどんどんと肌を乾燥させることになりますから、不要な汚れは落としたいけれど、必要以上に皮脂が落ちたのでは肌の状態が悪くなってしまいます。

そこでオススメなのは、オレイン酸が多く配合されている洗顔石鹸になります。
これは洗浄力で言うとそれほど強くないのですが、それだけ優しく汚れを落としてくれるのです。
オリーブオイルなどに多く含まれていますから、こういったものを原料にしている石鹸がオススメになります。

脂性の人は昔ながらの石鹸

脂性の人にとっては、出来るだけ皮脂をしっかりと落としてスッキリとしたいのではないでしょうか。
そういった場合にオススメなのは、牛乳やパームオイルを原料にしている洗顔石鹸になります。
昔ながらの石鹸に多く使われているものですが、肌質によってはオススメなのです。

こういった石鹸には脂肪酸が多く含まれており、これが皮脂を落とすのに役立ってくれるのです。
しっかりと皮脂汚れは落としてくれるものの、細胞間脂質に関しては洗浄力が強すぎることがないので、保湿に関してもバランスがいい洗顔石鹸になります。